MIDNIGHT HERO

Deracine's blog. Music, movies, reading and daily shit.

吉田拓郎 🎸

青春哀歌 PART 2。眠れない夜を超えて。

昔、こんな記事を書きました。例の座間事件のときです。 今も、Twitterの「#病み垢さんと繋がりたい」のタグ付けツイートは、生きています。 昔より、フェイクが多いように感じますが、もちろん本音のツイも多いでしょう。 記事でも書いたように、裏垢はひ…

賭け事の歌。ギャンブル好きのあなたに。

本日は、賭け事、ギャンブルの歌と題してお送りします。 いつものように、歌だけじゃなく、映画、アニメ、小説、マンガと、テーマに関わる作品を、たくさんご紹介しますので、乞うご期待。 それでは、1曲目。 賭け事の歌と言えば、これでしょう。 名曲中の…

明日に向かって生きる歌 2022 。 博多華丸・大吉、漫才のルーツ。

謹賀新年。 2022年になりました。 今年こそ、よい年にしたいものですね。 それでは1曲目。 世界はそれでも変わりはしない 上木彩矢 世界はそれでも変わりはしない 上木彩矢 J-Pop ¥153 provided courtesy of iTunes Amazon 世界はそれでも変わりはしない 私…

大久保一久を悼む。吉田拓郎のバックバンド・猫、伊勢正三とのフォークデュオ・風で活動。

広島フォーク村出身で、吉田拓郎のバックバンドだった猫。 元・かぐや姫の伊勢正三とのフォーク・デュオ・風。 そのメンバーだった、大久保一久が逝きました。 「22才の別れ」を知らない人、いるかな。 風のデビュー曲で、大ヒットしました。 22才の別れ 風 …

私的ブログの流儀。ブログを書き続けるために必要なこと。

このブログを始めておよそ5年半。 記事はやっと100を超えた。 PV がさほど多いわけでもない。 1日200を超えればマシなレベルである。 だが、訪問してくれる読者は必ずいる。 収益のためのブログではないし、アクセス数のためにやっているわけではない。 あ…

パンデミックに思う神の不在 PART 2 。怨霊となった菅原道真。

コロナ禍のうちに、受験シーズン真っ盛りの季節を迎えた。 寒波とともに、学生諸君には、試練の冬であろう。 君たちは、若い。 失敗を、怖れることはない。 何度でも、また立ち上がることができる。 超えてゆけ、そこを。超えてゆけ、それを。 拓郎が歌って…

ブログで短編小説を。襟裳岬。吉田拓郎、岡本おさみ。

襟裳岬。耳をすますと、泣きしだく風の音が聞こえる。時にあらあらしく、時にやさしい、海岸線に打ちよせる波濤のさざめきも。日々刻刻と、空と海とが一体となり、大地の先端を色とりどりに染めあげる。私は、それらの風景の一部と化し、無機質な物体となっ…

わかれうた。愛の絆が壊れる時。或いは、ジョン・レノンを殺した者。

突然、明日から休業することになった。 当分は、仕事が無い状態が続く。 会社が、緊急事態宣言の要請に応じたのだ。 休業して、補償はあるのか? 給料はもらえるのか? どうなってんだよ? わけもわからぬまま、トップダウンで指示が下りた。 組合のボスが頑…

ろくでなしの歌。

本日は、ろくでなしの歌と題してお送りします。 それでは1曲目。 ろくなもんじゃねぇ 長渕剛 ろくなもんじゃねえ / 長渕剛の歌詞 ろくなもんじゃねぇ 長渕 剛 J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes LICENSE (24bit リマスタリングシリーズ) アーティスト…

学園ドラマ、奇跡の快作。「3年A組 今から皆さんは、人質です」。

本日は、号外版ディスクブログ。 1月から始まった「3年A 組 今から皆さんは、人質です」。 昨日から、録画していた全話を、一気に観た。 民放の連ドラをほぼ観ない私が、朝ドラ好きゆえに、「半分、青い。」の永野芽郁の「とんでもないドラマです」という…

明日に向かって生きる歌。勝ちに行こうぜ❗️

2019 年になりました。 皆さま、お久しぶりです。 昨年は、いろいろありました。 残念なこともたくさんありましたが、とにかく前を向くしかないでしょう。 上を向いて歩きましょう。 終わったことは忘れて、ここから勝ちに行きましょう❗️ 今日は、私の好きな…

デビュー曲特集。「さらば、哀しみのドラッグ」 夜回り先生に学ぶ。

本日は、デビュー曲特集をお送りします。 それでは1曲目。 バス通り 甲斐バンド バス通り / 甲斐バンド ギターコード譜 バス通り 甲斐バンド ロック ¥250 provided courtesy of iTunes バス通り アーティスト: 甲斐バンド 出版社/メーカー: EMIミュージック…

古風な歌。ドラマ「夢千代日記」と吉永小百合・平和への祈り。

本日は、古風な歌、と題してお送りします。 最近、吉永小百合のドラマ「夢千代日記」 を観ました。 故・早坂暁さんを偲んで、NHK が再放送したのです。 そこでが流れていたのが、この曲。 最后のダンスステップ あがた森魚 最后のダンスステップの歌詞 永遠…

旅立ちの歌。「いちご白書をもう一度」と60年代の青春。

春ですね。桜が満開ですね。 出会いと別れの季節ですね。 本日は、旅立ちの歌と題してお送りします。 いつものように、ひと味違った卒業の歌をお届けします。 それでは1曲目。 いちご白書をもう一度 バンバン 「いちご白書」をもう一度 バンバン - 歌詞 「い…

昭和の名曲とカバーバージョン特集。吉田拓郎の大いなる影響について。

本日は、昭和の名曲とカバーバージョン特集と題してお送りします。 それでは1曲目。 よろしく哀愁 吉田拓郎 よろしく哀愁の歌詞 よろしく哀愁 吉田拓郎 J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes ぷらいべえと(紙ジャケット仕様) アーティスト: 吉田拓郎 出…

家族の歌。芸術と生活と。

本日は、家族の歌と題して、お送りします。 それでは、1曲目。 チューリップの、この曲から。 僕のお嫁さん チューリップ 僕のお嫁さん 歌詞 僕のお嫁さん チューリップ J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes 心の旅(紙ジャケット仕様) アーティスト: チ…

月夜の歌。戦争反対❗️平和と自由を守ろうぜ❗️

本日は、秋の夜長にお送りします、月夜の歌。 まったく、とんでもない世の中になっちまった。 静かに、月見酒でも飲んで、酔っ払っていたいんだよな、おいらは。 おいらは、もともと政治も政治オタクも大っ嫌いなんだ。 右も左も、政治家という人種がすべて…

これぞ、ホントのアイドルソング❗️ 或いは、反時代的アイドル論。

本日は、アイドルソングの特集をします。 私は、根っからの MEN ですので、すべて女性のシンガーということで、ご了承願います。 最近のアイドルといえば、まず、ユニットを組んでますね。 誰が誰だか、わからないほど。 しかし、私の若かりし10代の頃は、基…

シブい硬派な歌。或いは、文学の役割とは何か。

本日は、シブい硬派な歌、と題してお送りします。 それでは、1曲目。 これは、「刑事物語」という武田鉄矢が原作・脚本・主演の映画の主題歌。 唇をかみしめて 吉田拓郎 唇をかみしめて 吉田拓郎 J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes 王様達のハイキン…

動物の歌。

本日のディスクブログは、動物の歌、と題してお送りします。 それでは、1曲目です。チューリップ。 私は小鳥 チューリップ 私は小鳥(チューリップ) 歌詞とコード譜 私は小鳥 チューリップ J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes 私は小鳥 アーティスト:…

傷ついたココロの歌。落ちこぼれの君に。

本日は、傷ついたココロの歌、と題してお送りします。 若いとき、思春期と言われる頃は、本当に心が浮き沈みの嵐に吹きさらされて、落ちこんでどうしようもない、という時期があります。 クラスメイトの一言に深く傷ついたり、先生の授業中の話が自分への悪…

夏の歌。

ここ数日、九州では、集中豪雨で大変なことになっています。 自然災害というのは、ある意味で、完全には防ぎようがないものです。 だから、人災は防がないといけない。 東日本大震災は防げなくとも、福島の原子力発電所事故は、防げたのです。 作らなければ…

叛骨の歌。プロテストソング。~稲田朋美防衛大臣に捧ぐ〜

今回のディスクブログは、反骨の歌と題してお送りします。 プロテストソングとは? いわゆるプロテストソングというのは、60年代からアメリカで始まったキング牧師の黒人差別に反対する公民権運動、ベトナム反戦運動、ヒッピーカルチャー、フラワームーブメ…

失恋の歌。

本日は、失恋の歌、と題してお届けします。 それでは、1曲目。 これは、もう、失恋ソングの中でも、最も普遍性のある名品です。 片想い 浜田省吾 片想い / 浜田省吾の歌詞 片想い (1978) 浜田 省吾 ロック ¥250 provided courtesy of iTunes 片想い(1978) …

雨の歌。

ようやく梅雨らしくなって、毎日が雨降りですね。 今回のディスクブログは、雨の歌の特集です。 それでは1曲目。 雨の歌では、これだろうというやつを。 雨の物語 イルカ 雨の物語 イルカ J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes イルカ 12CD-1119A アーテ…

放送禁止歌の名曲選。

今回は、放送禁止歌の特集です。 放送禁止歌については、森達也氏の優れたドキュメンタリーがありますので、それを観て頂きたいと思うのですが、アップされていた動画が削除されてご覧頂けなくなりました。 是非、メディア化するなりして欲しいものです。 そ…