MIDNIGHT HERO

Deracine's blog. Music, movies, reading and daily shit.

ビートルズ。20世紀の神話となった不良たち。

世界にロックンロールという音楽が出現し、間違いなく後世まで聴き継がれるであろう唯一無二のロックバンド。 それがビートルズだ。 ビートルズについては、その歴史から楽曲解説その他マニア本に至るまで、いったいどれだけの書籍が発行された事だろう。 す…

吉田拓郎のラストメッセージ。才能は分け与えるためにある。

久々のブログです。 拓郎が、最後のテレビ出演を終えて、引退を宣言。 拓郎さん、お疲れ様でした。 拓郎は、私の血肉の一部であり、青春そのものでした。 以前のパフォーマンスが出せない、そのための引退。 それは、正しい選択だと思います。 本日は、吉田…

中国四大奇書「水滸伝」。国家に抗う者たちの砦・梁山泊の物語。

林冲(内田敦夫) 日本発のドラマ「水滸伝」。 近頃は、おもしろくないニュースがあふれている。 ロシアのウクライナ侵攻、新型コロナウィルスの再拡大、株価暴落、少子高齢化の進展、香港の言論弾圧…。 数え上げればキリがない。 日本、いや世界は、沈没船…

青春哀歌 PART 2。眠れない夜を超えて。

昔、こんな記事を書きました。例の座間事件のときです。 今も、Twitterの「#病み垢さんと繋がりたい」のタグ付けツイートは、生きています。 昔より、フェイクが多いように感じますが、もちろん本音のツイも多いでしょう。 記事でも書いたように、裏垢はひ…

福岡のライブハウス「照和」出身アーティストの名曲選。「照和」探訪の記。

本日は、福岡のライブハウス「照和」出身アーティスト名曲選としてお送りします。 つい最近、「照和」に行って来ました。 その時、たくさん今の「照和」の写真を撮って来ましたので、それもお楽しみに。 これまでも、福岡の音楽シーンについての記事をたくさ…

賭け事の歌。ギャンブル好きのあなたに。

本日は、賭け事、ギャンブルの歌と題してお送りします。 いつものように、歌だけじゃなく、映画、アニメ、小説、マンガと、テーマに関わる作品を、たくさんご紹介しますので、乞うご期待。 それでは、1曲目。 賭け事の歌と言えば、これでしょう。 名曲中の…

明日に向かって生きる歌 2022 。 博多華丸・大吉、漫才のルーツ。

謹賀新年。 2022年になりました。 今年こそ、よい年にしたいものですね。 それでは1曲目。 世界はそれでも変わりはしない 上木彩矢 世界はそれでも変わりはしない 上木彩矢 J-Pop ¥153 provided courtesy of iTunes Amazon 世界はそれでも変わりはしない 私…

ジョン・レノンへの手紙。〜太平洋戦争開戦の日に。〜

Dear John. 今日は、あなたの命日。 あなたが逝ってから、41年目の冬を迎えます。 あなたの眼に、今、世界はどう映っているでしょうか? 世界は再び、大きな厄災に向おうとしています。 愛と平和を嘲り憎む連中がはびこり、大国同士はまた睨み合いを続ける、…

我が青春の名画座。ロバート・デ・ニーロ「タクシードライバー」。

我が青春を彩る名作映画。 19 の時、この映画を、場末の名画座で観た。 衝撃的だった。 まさしくその頃の自分と重なった。 ロバート・デ・ニーロ演じる、タクシードライバーの抱える心の闇。 孤独。喪失感。苛立ち。焦燥。 それらすべてが、当時の私自身のも…

大久保一久を悼む。吉田拓郎のバックバンド・猫、伊勢正三とのフォークデュオ・風で活動。

広島フォーク村出身で、吉田拓郎のバックバンドだった猫。 元・かぐや姫の伊勢正三とのフォーク・デュオ・風。 そのメンバーだった、大久保一久が逝きました。 「22才の別れ」を知らない人、いるかな。 風のデビュー曲で、大ヒットしました。 22才の別れ 風 …

私的ブログの流儀。ブログを書き続けるために必要なこと。

このブログを始めておよそ5年半。 記事はやっと100を超えた。 PV がさほど多いわけでもない。 1日200を超えればマシなレベルである。 だが、訪問してくれる読者は必ずいる。 収益のためのブログではないし、アクセス数のためにやっているわけではない。 あ…

坂元裕二脚本。江口洋介、井浦新主演。国税査察官と天才脱税コンサルタントの対決を描く傑作ドラマ「チェイス−国税査察官」。

坂元裕二・脚本。NHK 土曜ドラマ枠で放送された、2010年作品。 現役の日本の脚本家の中で、今、もっとも輝きを放っている存在。 それが、坂元裕二だ。 近作の「大豆田とわ子と三人の元夫」も、上々の出来だった。 「東京ラブストーリー」から始まったキャリ…

J・ROCKの隠れた名曲PART5。やっていいのか、コロナ禍五輪。

本日は、「J・ROCK の隠れた名曲 PART 5。やっていいのか、コロナ禍五輪」と題してお送りします。 それでは、1曲目。 仲井戸麗市チャボのメインヴォーカルで。 ノイローゼダンシング ~チャボは不眠症~ RCサクセション この曲は、初めてRCサクセションが T…

桜桃忌に、太宰治を偲ぶ。

6月19日は、太宰治の命日。 太宰治が玉川上水に投身して、七十年以上の時が流れた。 「人間失格」「斜陽」「走れメロス」などの名作は、今でも若者に読み継がれ、夏目漱石の「こころ」などと並んで、永遠のベストセラーと言ってもよかろう。 戦後まもない時…

令和のヒット曲「うっせいわ」にみる心のありか。

3ヶ月ぶりのブログです。 コロナな日常は相変わらずの、この国ですね。 久々、ブログを書きたくなったのは、この曲のせいです。 うっせいわ Ado うっせぇわ Ado J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes この圧倒的な自己肯定感、何でしょう? メッセージと…

パンデミックに思う神の不在 PART 2 。怨霊となった菅原道真。

コロナ禍のうちに、受験シーズン真っ盛りの季節を迎えた。 寒波とともに、学生諸君には、試練の冬であろう。 君たちは、若い。 失敗を、怖れることはない。 何度でも、また立ち上がることができる。 超えてゆけ、そこを。超えてゆけ、それを。 拓郎が歌って…

博多発・めんたいロック特集 PART 2 。80年代を駆け抜けたカリスマ達。モダン・ドールズ、フルノイズ。

本日は、めんたいロック特集の第2弾。 天神の「照和」、博多の「ぱわぁはうす」閉店後に活動した、80年代のバンドにスポットを当ててお送りします。 それでは1曲目。 ヌーベルバーグにつまづいて モダン・ドールズ MODERN DOLLZ COMPLETE BEST-Just a hero-…

安倍晋三 「#秘書がやりました 」答弁の破壊力。

号外版、ディスクブログです。 桜を見る会の追及もいよいよ本番、というところです。 それにしても、この言い訳を、令和の時代に聞くとは、思いませんでした。 安倍晋三君、すごいの一言です。 自分の罪を、すべて人になすりつけて、知らん顔、さらに嘘に嘘…

祈りの歌。愛という名の哀しみ。

私にとって、かけがえのない生命が、危機にさらされている。 まぶたに溢れ出る涙を、どうすることもできない。 ただ、あなたの快復を祈る日々が続く。 I for You LUNA SEA I for You LUNA SEA ロック ¥255 provided courtesy of iTunes I for You 発売日: 20…

1999年、福岡ダイエーホークス 初のリーグ制覇への軌跡。〜ホークス、4年連続日本一によせて~

コロナ禍の中、日本のプロ野球界は、11月に日本シリーズが開幕。 福岡ソフトバンクホークスが、4年連続の日本一を達成し、幕を閉じた。 今回は、長きにわたりホークスファンである私の、地元球団を巡る物語である。 伝説の西鉄ライオンズ、黄金時代を知る福…

パンデミックに思う神の不在。なぜ、宗教は存在するのか?

新型コロナウィルスが、再び猛威をふるい始めた。 その昔、人類は災害や疫病の流行のたびに、それを神の怒りと畏れ、おののいた。 天罰、devine punishment であると。 それゆえ、人びとは各々の行いを顧み、自分たちの何がいけなかったのかと、襟を正し、神…

ブログで短編小説を。作者のあとがき。「Fin 」中森明菜。

これまで、五篇の短編小説をブログに書いた。 ここらで、読んでくれた皆さまへの感謝をこめて、創作の舞台裏を少々お話したい。 自画自賛の鉄面皮。 おこがましいが、何か小説らしきものを書いてみたいと思っている方への、ヒントともなれば、幸い。 「Fin …

ブログで短編小説を。見返り美人。BORO 。

見返り美人 おまえさんの言うとおりだったよ。 わかってる、いまさらなにを言ってもしょうがない。 だから、こうやって飲んだくれてんじゃねえか。 もうやめとけ、だと。 客商売が、バカなこと言うな。 飲ませてくれ、頼むからよ。 ニ年になるかな。 オレが…

ブログで短編小説を。襟裳岬。吉田拓郎、岡本おさみ。

襟裳岬。耳をすますと、泣きしだく風の音が聞こえる。時にあらあらしく、時にやさしい、海岸線に打ちよせる波濤のさざめきも。日々刻刻と、空と海とが一体となり、大地の先端を色とりどりに染めあげる。私は、それらの風景の一部と化し、無機質な物体となっ…

ブログで短編小説を。MOON。REBECCA。

MOON あたしの生まれた町は、空がいつも灰色に煤けていた。町の中心部を流れる川は、工場の汚染水を多量にはらんで、油ぎったヘドロの水泡を浮かべ、顔を背けたくなるような異臭を放っていた。

ブログで短編小説を。バラッドをお前に。THE MODS 。

バラッドをお前に もうどれくらいになるかな、お前と出会って。 その頃、お前は女暴走族、いわゆるレディースのヘッドで、その評判はオレの耳にも入ってた。 だだっ広い駐車場のあるコンビニの前で、偶然、オレはお前を見かけた。 すげえド派手なメイク決め…

ブログで短編小説を。Fin 。 中森明菜。

Fin 貴方には、爪を噛む癖があった。 出会った頃、私は貴方の、少しの仕草も見逃さなかった。 すべてが素敵で眩しくて、愛おしかった。 ふたりで迎える朝、起き出すなり私の唇を奪おうとする貴方。 そんなときの私は、このまま死んでもいいと思っていた。 い…

ブログで短編小説を。序のことば。

掌の音楽小説について。 これから、新しい試みをやってみたい。 端的に言えば、1曲の音楽をテーマに、ごく短い掌の小説、散文詩を書いてみようというものである。 曲の醸し出すオーラをソースとして、湧き出てくるイマジネーションを、物語にする。 これが…

ちょっとオトナのラブソング。大阪の性格と豊臣秀吉。

本日は、ちょっとオトナのラブソング、と題してお送りします。 それでは1曲目。 本能 椎名林檎 本能 椎名林檎 J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes 今日のお題は、オトナの男女のおはなし。 最近、性教育について、NHK 「あさイチ」で特集をやってまし…

欅坂46。メッセージ不在の時代を駆け抜けた偶像の聖痕。

欅坂46、降臨。 2016年「サイレントマジョリティー」で、衝撃的デビュー。 作られた偶像が放ち続ける、ネガティブでスリリングな、神々しいまでの斜光。 あどけない少女の口元から発せられる、アンビバレントで過激な詞とパフォーマンス。 センターを取り続…